診療予約はこちら

0485221846

[営業時間]
9:00~12:30/14:30~19:00

[定休日]
木・日・祝
(土曜の午後は17:00までです。)

入れ歯治療

「痛くない・負担が少ない」がモットーです~入れ歯治療~

失ってしまった歯を補うための治療法で、もっともポピュラーなのが入れ歯治療です。比較的手軽に、比較的短期間に治療ができます。作製当初はぴったり合っていた入れ歯も、だんだんと当たるところが生じてきたり、うまく咬めなくなったりして違和感が出てくることがあります。「よく咬めない」「痛い」「外れやすい」など入れ歯のお悩みがありましたら、埼玉県熊谷市本石の歯医者「大塚歯科医院」にご相談ください。

合わない入れ歯を使い続けると

合わない入れ歯を使い続けると

入れ歯がお口に合っていないと、強く当たってしまう部分の歯ぐきを傷めてしまったり、残っている歯に負担をかけてしまったり、顎の骨にまで影響をおよぼしてしまうことがあります。咬み合わせのバランスがくずれると、顎がゆがみ、やがては全身までゆがんでしまうこともあるのです。原因不明の頭痛や肩こりは、合わない入れ歯から引き起こされているかもしれないケースもあります。

経年によりお口の状態も、咬み合わせも変化します。合わない入れ歯は、ガマンせず、お早めにご相談ください。

自費と保険の入れ歯の違い

入れ歯には保険診療の入れ歯と自費診療の入れ歯があります。負担金額以外の大きな違いは、保険診療の入れ歯は作製方法や使用素材に制限があるのに対し、自費診療の入れ歯はさまざまな選択肢の中から患者様の「こだわり」が実現可能なことです。

保険診療 自費診療
費用 一部負担なので比較的安価です 全額負担なので比較的高額です
耐久性 レジン(歯科用プラスチック)を使っているので、割れたり擦り減ったりしやすいですが、修理や調整は比較的かんたんです 素材や作製方法に制限がないので、耐久性の高い素材を選べます
見た目 見た目に入れ歯とわかってしまいます より天然歯に近い自然に見える素材を選べます

当院の取り扱い入れ歯紹介

レジン床義歯

レジン床義歯

保険診療の入れ歯で素材はレジンです。部分入れ歯には金属のバネがつきます。保険診療なので比較的安価です。さまざまな症例に対応可能なうえ、修理や調整がしやすい素材です。床が厚く使用感はあまりよくありません。

金属床義歯

金属床義歯

歯ぐきに当たる床部分に金属を使用した自費診療の入れ歯です。丈夫で壊れにくく、汚れがつきにくいうえ、飲食物の温度をある程度感じることができます。金属アレルギーの心配がありますが、壊れにくい入れ歯です。

シリコンデンチャー

シリコンデンチャー

歯ぐきに当たる床部分を生体用シリコンで覆った自費診療の入れ歯です。歯ぐきへの衝撃をソフトに吸収し、吸着性がよいので外れにくい素材です。食べ物のかけらが入り込みにくいので痛みの軽減にもつながります。

ノンクラスプデンチャー

ノンクラスプデンチャー

バネを使用しない自費診療の部分入れ歯です。特殊な素材でフィット感に優れています。軽く、薄いので装着感が悪くありません。熱に弱く汚れがつきやすい素材ですが、金属アレルギーの心配がなく見た目も自然です。

【長持ちの秘訣はメインテナンス】

【長持ちの秘訣はメインテナンス】

お口の中は経年により変化しますので、入れ歯は修理や調整が欠かせません。歯科医院での定期的なメインテナンスを受けましょう。

また入れ歯を清潔に保つために入れ歯専用のブラシと洗浄剤で、毎日汚れを落としましょう。その際に気をつけていただきたいのが、天然歯用の歯ブラシや歯みがき粉を使用しないこと。歯みがき粉には研磨剤が含まれていますので、入れ歯に細かい傷をつけていまいます。この傷には細菌やカビ菌が繁殖しやすいので注意しましょう。

毎日のセルフケアと定期的な歯科医院でのメインテナンスで、入れ歯を快適に長持ちさせてください。

  • お母さんと子どもの歯の治療
  • 歯を失う原因とその危険性について
  • 痛みを少なくする取り組み
診療メニュー
  • 歯周病
  • 審美歯科ホワイトニング
  • 予防歯科
  • インプラント
  • 矯正歯科
  • 入れ歯