診療予約はこちら

0485221846

[営業時間]
9:00~12:30/14:30~19:00

[定休日]
木・日・祝
(土曜の午後は17:00までです。)

予防歯科

痛くなる前の予防がお口の健康を守ります~予防歯科~

「歯医者さんに行くのはむし歯になってから」――そう考えていませんか? しかし、むし歯や歯周病は、ケアによって予防できる病気です。むし歯になってから治療しても元の歯に戻すことはできません。未然に防ぐことこそ、お口の健康維持につながります。

予防のために大切なのは、毎日のセルフケアと定期的な歯医者でのプロフェッショナルケアです。埼玉県熊谷市本石の歯医者「大塚歯科医院」では予防に力を入れ、定期検診の受診をおすすめしています。

海外と日本の意識の違い

北欧・スウェーデンは歯科先進国のひとつ。この国では定期検診を受けることが習慣となり、「歯科医院はむし歯にならないために行くところ」と認識されています。歯は親知らずを除くと全部で28本あります。そのうち20本以上残っていると、歯の機能はほとんど損なわれないといわれています。

数年前まで、日本では80歳の時点で歯が平均8本程度しか残っていませんでしたが、歯の健康を保つための意識の改革により、2013年の調査では約14本にまで増えています。しかしまだ20本までには届いていないので、定期検診を活用して、お口の健康を守りましょう。

定期検診の受診率と80歳時点での残存歯数

※表は左右にスクロールして確認することができます。

スウェーデン
スウェーデン
米国
米国
日本
日本
定期検診の受診率 約90% 約80% 数%
80歳での平均残存歯数 約21本 約15本 13.9本

歯科衛生士が行うプロフェッショナルケア

歯科衛生士が行うプロフェッショナルケア

歯科衛生士は国家資格を有する口腔衛生のプロフェッショナルです。当院では口腔ケアには担当衛生士制を採用し、ひとりの患者様を毎回同じ歯科衛生士が担当しています。継続的に口腔管理を行えば、小さな変化にも気づきやすく、病気の予防や早期発見・早期治療につなげることができます。

当院の予防メニュー

ブラッシング指導

ブラッシング指導

予防の基本は毎日のブラッシングです。お口の中の汚れを効率よく落とすことができるように、一人ひとりの患者様のお口の状態に合わせたブラッシング方法をアドバイスします。

PMTC(プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング)

PMTC(プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング)

口腔ケアのプロフェッショナルが専用機器を使用して行う歯のクリーニングです。毎日のセルフケアでは落としきれない歯と歯の間や歯と歯ぐきの溝の汚れを徹底的に落とします。そして研磨ペーストを塗布し専用のブラシやチップで歯の表面の汚れを落とし丁寧にみがき、歯面をつるつるに仕上げて汚れの再付着を防ぎます。

フッ素塗布

フッ素塗布

フッ素には歯質を強化する効果が期待できます。定期的なフッ素塗布がむし歯予防に有効です。

歯肉マッサージ

歯肉マッサージ

専用のジェルを用い、その名の通り歯科衛生士の指でくるくると縁を描くように歯肉をマッサージします。歯肉の血行を促進するので、歯肉に炎症を起こしている方や喫煙者の方にもおすすめです。

定期検診をおすすめします

定期検診をおすすめします

むし歯や歯周病は、罹患のメカニズムがはっきりしているので、予防できる病気です。そのために欠かせないのが毎日のブラッシングです。しかし、いつもブラッシングしていても、汚れをすっかり落とすことはなかなかできません。どうしても残りがちな汚れを落とすことができるのが、歯科衛生士によるケア「PMTC(プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング)」なのです。定期検診の受診は予防につながるだけでなく、もしすでに病気にかかっていたとしても早期発見・早期治療につながります。

いつまでもご自分の歯で食事を味わい、会話を楽しんでいただきたいと思っています。そのためにも毎日のセルフケアとともに定期的なプロフェッショナルケアを受けましょう。

  • お母さんと子どもの歯の治療
  • 歯を失う原因とその危険性について
  • 痛みを少なくする取り組み
診療メニュー
  • 歯周病
  • 審美歯科ホワイトニング
  • 予防歯科
  • インプラント
  • 矯正歯科
  • 入れ歯