診療予約はこちら

0485221846

[営業時間]
9:00~12:30/14:30~19:00

[定休日]
木・日・祝
(土曜の午後は17:00までです。)

できるだけ痛みを抑える取り組み

できるだけ痛みや負担を抑えるために

歯医者さんでの治療は、たとえ大人でも「こわい・痛い」というイメージを持っている人が多いでしょう。しかし、むし歯や歯周病は自然治癒することはなく、放っておくとどんどん悪化します。それどころか、進行すればするほど治療も複雑になり時間も費用もかかってしまい、何よりお口の健康が損なわれてしまいます。お口のトラブルは早期発見・早期治療が大切です。

患者様に苦手意識によって治療を遅らせてほしくありません。そのため、埼玉県熊谷市本石の歯医者「大塚歯科医院」では、できるだけ痛みや負担を少なくするため、さまざまな取り組みをしています。

痛みや負担をできるだけ少なくするための取り組み

レーザー治療の活用

医療のさまざまな分野で活用されているレーザー治療。ピンポイントでレーザーを照射できるので、処置部位のダメージを抑えられます。レーザー照射による歯ぐきなどの軟組織の治療では、痛みや出血、腫れを抑えることができるので治癒が早いのが特徴です。不快な振動もなく、痛みが抑えられる、患者様にやさしい治療のご提供ができます。

【対応可能な治療について】

【対応可能な治療について】

  • 初期段階のむし歯治療や予防
  • 歯周病の治療
  • 知覚過敏
  • 歯ぐきの黒ずみ除去
  • 口内炎の治療 など
麻酔に工夫

麻酔に工夫

治療中に痛みを感じないように麻酔をしますが、「麻酔注射」と聞いただけで苦手意識がはたらいてしまう方もいらっしゃいます。しかも、麻酔注射は普通に打つと痛いのです。この麻酔注射の痛みを軽減するために、当院ではまずジェル状の麻酔液を歯ぐきに塗る「表面麻酔」をします。こうすると麻酔注射の針を刺すときの痛みが抑えられるのです。

また、電動麻酔器を使用することで、一定の圧力で一定量の麻酔液を注入できるので、注入スピードの変化による「圧痛」を防ぐことができます。注射針も33Gという極細注射針を採用し、痛みの軽減のためのさまざまな工夫をしています。

薬で治療
  • 薬で治療
  • 薬で治療
  • 薬で治療

むし歯の治療では、悪化を防ぐためむし歯部分を削り取る必要があります。しかしドリルで削ると、むし歯部分をすっかり除去するために健康な歯質まで削りすぎてしまうことがあります。

歯は一度削ってしまうと元には戻りません。そのためできるだけ歯を残すことが大切です。それを可能にするのが3種類の抗菌剤を使用して、むし歯菌を「無菌化」する「3mix法」です。薬を用いる「3mix法」を活用すれば、歯とともに患者様への負担軽減につながります。また人工歯を装着する際に使用するセメントは、強アルカリ(pH12)による除菌作用があるMTAにも対応しています。

大塚歯科医院の治療の流れをご紹介します

  • お母さんと子どもの歯の治療
  • 歯を失う原因とその危険性について
  • 痛みを少なくする取り組み
診療メニュー
  • 歯周病
  • 審美歯科ホワイトニング
  • 予防歯科
  • インプラント
  • 矯正歯科
  • 入れ歯